中国投資の方法。「中国株・投資信託・ETF」
やさしい中国株のはじめ方
〜基礎からわかる中国株投資〜
サイトマップ 中国株証券会社の選び方 中国株の基本 中国株の応用 中国株投資日記 中国株式用語集
 中国株投資の基本    
トップページ 中国株の基本 > 中国株投資の理由

中国株に投資する3つの方法

 

<中国株・投資信託・ETF>

 私たちが「中国へ投資をしたい」と思ったとき、どんな方法があるでしょうか?すぐに思いつくのが中国株だと思いますが、他にも投資信託ETFを使っても、中国に投資をすることができます。

 

“中国株”で中国に投資をする
 いわゆる中国株というのは、上海、深セン、香港の3つの証券取引所に上場する株のことを言います。私たち日本人は、中国から見たら外国人なので、上海A株、深センA株の取引は許されておらず、上海B株深センB株香港株に取引が限られています。個別に中国の会社を選んで投資ができるので、うまくいけば何倍にもなる可能性がありますが、逆に、何分の1にもなってしまうこともあります。

 

“投資信託”で中国に投資をする
 「中国へ投資はしたいけど、個別に会社を選んで株を買うのはしんどい…。」という方には、投資信託が向いているかもしれません。投資信託とは、私たち投資家のお金をプロに預けて運用を任せるものです。プロにお任せするので、信託報酬という管理料はかかりますし、預金ではありませんから、元本を割れてしまうこともあります。


 投資信託の種類としては、『HSBC中国株式ファンド』や『三井住友ニュー・チャイナ・ファンド』など、中国関連の投資信託はたくさん存在します。これらは、1万円から購入できます。投資信託を買うことで、ある程度のリスクは減らせるものの、株ほどの大きな値上がり益は得られないかもしれません。 ※中国投資信託については、後ほど、こちらで詳しく解説していきます。

 

“ETF”で中国に投資をする
 ETFってご存知でしょうか?直訳すると、上場投資信託となります。ETFは投資信託なのに、日本の株式市場に上場しているので、株と同じように取引できます。中国のETFですから、海外ETF(中国ETF・香港ETF)と呼ばれています。上で紹介した“投資信託”との大きな違いは、信託報酬(管理料)です。ETFのほうが断然安いです!!

 

   ☆中国への投資は3つに分散するというのも一つの手です。

 

中国株のリスクへ戻る              日本株との違いへ進む→
 
                                             

 ・中国株のしくみを知る
 ◆中国株投資の基本
 ◆なぜ中国株投資なのか?
 ◆中国高成長のひみつ
 ◆中国株のリスク

 ◆中国株投資3つの方法 
 ◆日本株との違い
 ・どんな会社があるか?
 ・中国の不動産企業
 ・実際に買ってみる
 ・実際に売ってみる
 ・中国株にかかる税金
 サイトマップ
 中国株投資の応用
 証券会社の選び方
 たまごの投資日記
 中国株用語集

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | お問い合わせ
Copyright - © Hiccky 2010. All Rights Reserved