注文の種類を見ていきます。
やさしい中国株のはじめ方
〜基礎からわかる中国株投資〜
サイトマップ 中国株証券会社の選び方 中国株の基本 中国株の応用 中国株投資日記 中国株式用語集
 中国株投資の基本    
トップページ中国株の基本実際に買ってみる > 注文の種類

注文の種類

 

<基本は『指値注文』>

 中国株を売買する注文の種類は「指値注文」が基本です。そして、発注には制限が定められています。値幅制限外での注文は原則失効となります。
マネックス証券では10:00〜10:13に限り、成り行きの売り注文(始値での約定)が可能です。


 このページではマネックス証券の注文方法を例にとって注文の種類を見ていきます。他の証券会社でも注文の種類はほぼ同じですが、注文の受付範囲(下を参照)が異なります。


AL注文(At Auction Limit Order、寄引指値注文)
 前営業日の立会時間終了後〜10:14までの時間帯に適用される注文形式。前営業日の終値を基準値として、基準値から一定の範囲内であれば、売り買いの注文が受付られます。この範囲(ティック)は証券会社によって異なります。

 下の表では売買注文の受付範囲は、基準値から20ティック上までと、基準値から20ティック下までです。

AL注文(寄引指値注文)


EL注文(Enhanced Limit Order、指値注文)
 10:14〜17:00の時間帯に適用される注文形式。最良売気配から一定の株価範囲内で売り注文、最良買気配から一定の株価範囲内で買い注文を出すことができます。注文の受付範囲(ティック)は証券会社によって異なります。

 下の表では、売り注文の受付範囲が最良売気配から20ティック上までと、最良買気配から4ティック下まで。買い注文の受付範囲が最良売気配から4ティック上までと、最良買気配から20ティック下までです。

EL注文(指値注文)


 

 次のページでは、中国株の買い方を見ていきます。


中国株の立会時間へ戻る

 中国株を買ってみるへ進む→

  

 ・中国株のしくみを知る
 ・どんな会社があるか?
 ・中国の不動産企業
 ・実際に買ってみる
 ◆中国株を買う流れ
 ◆証券会社に口座開設
 ◆中国株の選び方
 ◆立会時間
 ◆注文の種類 
 ◆注文の出し方
 ◆買い方を考える
 ・実際に売ってみる
 ・中国株にかかる税金
 サイトマップ
 中国株投資の応用
 証券会社の選び方
 たまごの投資日記
 中国株用語集
  

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | お問い合わせ
Copyright - © Hiccky 2010. All Rights Reserved