中国株の買い方について説明します。
やさしい中国株のはじめ方
〜基礎からわかる中国株投資〜
サイトマップ 中国株証券会社の選び方 中国株の基本 中国株の応用 中国株投資日記 中国株式用語集
 中国株投資の基本    
トップページ中国株の基本実際に買ってみる > 注文の出し方

注文の出し方


<マネックス証券で買い注文>

 ここのページでは注文の出し方を見ていきます。今回はマネックス証券の注文画面を使って説明を進めます。


表1:マネックス証券の注文画面より抜粋
マネックス証券の注文画面

 

【1】注文株(口)数
 銘柄によって500・1000・2000株など売買単位が定められています。長江実業は売買単位が1000株(表2)なので【1000株、2000株…】と入力します。

   

【2】注文単価(指値)
 ここで注文単価を指定します。長江実業のこの時の株価は89.100(表2)です。
表3)で見ると、株価「20〜100」呼値「0.05」にあてはまります。株価が「20〜100」にある銘柄は、呼値に従って【89.050、89.100、89.150】と「0.05」刻みで変動するので、注文単価も「0.05」刻みで入力する必要があります。
(この場合89.115などは受け付けられない)

   

表2:株価情報
株価情報

 

表3:呼値
呼値

 

 上記のルールに従う他に、前ページの注文の受付範囲(ティック)に対応した単価を入力する必要があります。マネックス証券のEL注文では売り注文の受付範囲が最良売気配から24ティック上までと、最良買気配から9ティック下まで。買い注文の受付範囲が最良売気配から9ティック上までと、最良買気配から24ティック下までです。

 

☆注文の流れをつかみましょう☆



注文の種類へ戻る

買い方を考えるへ進む →

  

 ・中国株のしくみを知る
 ・どんな会社があるか?
 ・中国の不動産企業
 ・実際に買ってみる
 ◆中国株を買う流れ
 ◆証券会社に口座開設
 ◆中国株の選び方
 ◆立会時間
 ◆注文の種類
 ◆注文の出し方 
 ◆買い方を考える
 ・実際に売ってみる
 ・中国株にかかる税金
 サイトマップ
 中国株投資の応用
 証券会社の選び方
 たまごの投資日記
 中国株用語集
  

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | お問い合わせ
Copyright - © Hiccky 2010. All Rights Reserved