中国株の買い方について説明します。
やさしい中国株のはじめ方
〜基礎からわかる中国株投資〜
サイトマップ 中国株証券会社の選び方 中国株の基本 中国株の応用 中国株投資日記 中国株式用語集
 中国株投資の基本    
トップページ中国株の基本実際に買ってみる > 買い方を考える

買い方を考える


 ここまで読んでいただければ、中国株の買い方が大体つかめたと思います。そうなると
 
「手元に資金もあることだし、思い切ってあの銘柄に資金を全て当てよう」
と思う方もいるでしょう。または、
 
「一度に資金が作れないから、買いどきをずらして購入しよう」
とする方もいると思います。
 ではこの2通りの買い方はどのような結果を出すのでしょう?


1株が100香港ドルのA社株。これ2つのパターンで10株買うとします。

 ・10株を1度に買い付ける(一括投資)
 ・1株ずつ10回に分けて買い付ける(分割購入)

さてA社の株価が変動すると、購入価格はどうなるでしょう?


【例1】 株価が上がっていった場合


 A社の株が100香港ドルの時に一括で投資すると、10株購入するコストは1000香港ドルです。
 対して分割投資の場合。1か月に1株のペースでA社株を購入。同時にA社の株価は1か月に10香港ドル上がっているとすると、10株購入した時には1450香港ドルのコストがかかります。


      

【例2】 株価が下がっていった場合

 

 A社の株が100香港ドルの時に一括投資をすると、10株購入するコストは前と同じく1000香港ドルです。
 分割投資の場合。こちらも前と同じく1か月に1株のペースでA社株を購入。同時にA社の株価は1か月に10香港ドル下がっているとすると、10株購入した時にかかるコストは550香港ドルです。

 

 少々極端な例を出しましたが、一括投資分割投資の違いについてなんとなくでも伝わったと思います。
 これはどちらの買い方が良いというものではありません。株価が下降気味の時に分割して購入すれば、コストが低く抑えられます。ただ、注文するごとに売買手数料がかかってしまいます。
 また、株価が安いときに一括で購入して株価が上がれば、分割して購入するよりも利益が沢山出ます。しかし、株価が下がると損失は大きいです。

 

 ここでお伝えしたいことは、「どちらの買い方にもメリットとデメリットがある」ということです。個人的には株は分割して購入したほうが良いと思います。大きな儲けを狙って一括で株を買い付けたまでは良かったが、見込み違いで後に株価が下がってしまったら途中で株を売却するか、再び株価が上昇するまで待つ必要があります。
 分割して投資した場合であれば、損失を小さく抑えることもでき、残った資金で他に有望な企業に投資することができます。

 

☆買い方には注意しましょう☆



注文の種類へ戻る

中国株を売るへ進む →

  

 ・中国株のしくみを知る
 ・どんな会社があるか?
 ・中国の不動産企業
 ・実際に買ってみる
 ◆中国株を買う流れ
 ◆証券会社に口座開設
 ◆中国株の選び方
 ◆立会時間
 ◆注文の種類
 ◆注文の出し方
 ◆買い方を考える 
 ・実際に売ってみる
 ・中国株にかかる税金
 サイトマップ
 中国株投資の応用
 証券会社の選び方
 たまごの投資日記
 中国株用語集
  

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | お問い合わせ
Copyright - © Hiccky 2010. All Rights Reserved