キャッシュフローについて。
やさしい中国株のはじめ方
〜基礎からわかる中国株投資〜
サイトマップ 中国株証券会社の選び方 中国株の基本 中国株の応用 中国株投資日記 中国株式用語集
 中国株投資の応用    
トップページ中国株投資の応用投資指標を学ぶ > キャッシュフロー

キャッシュフロー【CF】


<お金の出入りを表すキャッシュフロー>

 証券会社のサイトなどでキャッシュフロー【CF】という文字を見たことがあると思います。別のページでご紹介した中国株二季報では、下の表のような形でキャッシュフローについて書かれています。


キャッシュフローの例


 さて「キャッシュフロー」とは何でしょう? これは企業の一定期間内に起きたキャッシュ(現金)の出入りを表すものです。上の表にあるように、大体のキャッシュフローは1年間のお金の出入りを指すことが多いです。続いて細かい項目について見ていきます。



営業キャッシュフロー(営業CF)
 企業が営業活動、つまり商売によって生まれたお金の増減を示すものです。上の表を読み解くと、08年の6月までの1年間にこの企業は営業活動で22億香港ドル近いマイナスを出していましたが、09年の6月までに32億香港ドル近いプラスを出していることになります。


営業キャッシュフロー


投資キャッシュフロー(投資CF)
 企業が工場建設などの設備投資や株の売り買いなどの投資活動によって生まれたお金の増減を示すものです。この企業は08年6月の時点と09年6月の時点で両方ともマイナスとなっていますが、08年6月〜09年6月の投資活動は前年までより抑えられていると見て取れます。


投資キャッシュフロー


財務キャッシュフロー(財務CF)
 企業が借金をしたり借金の返済したりなどの財務活動によって生まれたお金の増減を示すものです。この企業は08年6月までに社債の発行などによってお金を調達し、09年の6月までに借り入れたお金の返済を行ったことが分かります。


財務キャッシュフロー


■現金同等物
 これは容易に現金に換金できる定期預金などの動きを示しています。この企業は08年6月の時点から、現金同等物を増加させています。


 上に出てきた『営業キャッシュフロー』と『投資キャッシュフロー』を足したものをフリーキャッシュフローと呼びます。これは企業が自由に使えるお金です。この額が大きいほど企業の運営に余裕が生まれますが、この額が小さいもしくはマイナスであると、企業経営に余裕が無いと言えます。




<企業の成長とキャッシュフローの関係>


 どんな優良な企業でも、いつもキャッシュフローの状態が良い形になっているとは限りません。企業の成長度合いによって、キャッシュフローの傾向が変わっていきます。


企業の成長とキャッシュフローの関係




 企業の創業時はお金の借り入れ(財務CFがプラス)や設備投資など(投資CFがマイナス)が先行し、営業活動で利益を出すことはまだ難しい状態(営業CFがマイナス)です。
 
 事業が成長期に入ると、お金の借り入れがありつつも営業活動で利益が出てきます。また、さらなる成長のため投資活動も行われます。

 事業が成熟すると、営業活動で十分な利益を生み出せるようになり、お金の借り入れをしなくても事業が進むようになります。

 企業の成長が鈍化したり衰退してくると、営業活動で利益を生み出せなくなります。お金を調達するため、今まで持っていた設備や工場を売却することで投資キャッシュフローがプラスになることもあります。また、お金を借りれると財務CFはプラスになります。



 景気の波によって短期的には上の表どおりにキャッシュフローが動かないこともありますが、長い目で見ればキャッシュフローはこのような傾向を持って推移します。投資を行う場合は、営業キャッシュフローやフリーキャッシュフローがプラスの状態にあるときが一番望ましいでしょう。




ROAへ戻る

 株価指数を知るへ進む→

  

 ・中国株の知識を学ぶ
 ・株価変動要因を考える
 ・企業情報を収集する
 ・投資指標を学ぶ
 ◆投資指標を読む
 ◆PER
 ◆PBR
 ◆配当利回り
 ◆ROE
 ◆ROA
 ◆キャッシュフロー 
 ・株価指数を知る
 ・様々な投資商品を知る
 ・中国で活躍する日本企業
 サイトマップ
 中国株投資の基本
 証券会社の選び方
 たまごの投資日記
 中国株用語集

  

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | お問い合わせ
Copyright - © Hiccky 2010. All Rights Reserved